スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

遠藤直哉 医療 |遠藤直哉氏の唱える新しい法運用

前回、弁護士の遠藤直哉先生の意見をご紹介しました。遠藤直哉先生は、医療事故を刑事罰で裁くことに反対の意見を示しています。
 今回も遠藤直哉先生の著書「ソフトローによる医療改革(幻冬舎)
より、前回の続きをご紹介します。

もちろん、実際に刑事罰で裁かれなければならない悪質な、故意に近い医療過誤や事件があることも確かでしょう。そして、警察も「悪質なものに限定しているのだ」と言っていると思います。にもかかわらず、刑事介入によって逮捕された医療関係者は結果として無罪になるというケースも見受けられます。(中略)しかも、最終的に無罪が確定してもすべてが丸く収まるわけではありません。一旦、刑事事件となってしまえば、メディアなどで大々的に取り上げられ、その教授や医師にとって先端医療や専門分野への復帰が難しくなってしまいます。

明らかな医療過誤は、相応の罰則を受けるべきだと思います。ですが、医療の刑事裁判の難しさ、メディアの過剰な報道に伴う弊害を考えると、医療事件に刑事罰を科すことに疑問を感じざるをえません。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

yellowduck1

Author:yellowduck1
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。