スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

遠藤直哉 医療 | 遠藤直哉の唱える新しい法運用

前回、日本の医療保険制度は、世界的にもみても他に類を見ないほどに完成度の高い皆保険制度であると書きました。しかし、日本の医療の一部は崩壊寸前にあります。その1つが周産期医療です。これから医師を目指そうとしている医学生や研修医が訴訟のリスクや激務を回避するため、産婦人科を選ばなくなっていることが原因の1つに挙げられます。現在働いている医療従事者たちも、訴訟のリスクにおびえていると聞きます。
 この現状に対し、弁護士の遠藤直哉氏は著書「ソフトローによる医療改革」のなかで「医療事故は刑事事件で裁かれてはいけない」と主張します。
遠藤直哉先生はソフトロー研究の代表的存在で、医療分野にも詳しい方です。
 
次回のブログで、遠藤直哉先生の著書を見ながら、上記の論拠となる主張を説明いたします。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

yellowduck1

Author:yellowduck1
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。