スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

遠藤直哉 医療| 遠藤直哉氏の唱える新しい法運用

前回、遠藤直哉先生の著書「ソフトローによる医療改革」
では、私たち民間人や公務員は、まだソフトローをうまく使いこなしているとは言えないと指摘がありました。それでは、ソフトローをうまく使いこなすとはどういうことなのか?遠藤直哉先生の著書を参考にしつつ考えていきたいと思います。
まず、行政の通達や通知が「行政規則」と言われますが、これが遠藤直哉先生言うところの「公的ソフトロー」となります。
日本では、役所内部での拘束力はある一方国民に対しては拘束力はないと言われてきましたが、ドイツの法理は違うようです。遠藤直哉先生の著書から引用すると、こうあります。
『公務員は、法令を実施するのに国民を平等に扱わなければなりません。それ故、行政規則については憲法の平等原則を根拠として拘束力や効力が導かれるとのことです。そして行政規則は特別な事情が存在すれば、例外的に変更できます。それ故、相対的な弾力的な拘束力を持つと結論付けています。』

ここから遠藤直哉先生は日本でも同じように行政規則について考えるべきだとし、
『そもそも法令を執行するのに必要な権限が公務員に与えられている以上、拘束力や効力があると考えるのが自然です』と述べております。
いかがでしょう、今回のお話で我々も行政規則への見方が変われたのではないでしょうか。
次回も遠藤直哉先生の著書よりソフトローについて考えていきたいと思います。
スポンサーサイト

遠藤直哉 医療| 遠藤直哉氏の唱える新しい法運用

遠藤直哉先生の著書「ソフトローによる医療改革」より、引き続き我々のするべきことについて見解を深めていこうと思います。
前回ご紹介した「ソフトロー」すなわち「柔らかな法、柔軟な法」ですがこれは依然ご紹介したハードロー以外の社会的なルール、たとえば、公的機関の「通達や通知などの行政規則」、さまざまな「業界団体や会社内の取り決めやガイドライン」「就業規則」などのことです。
これらソフトローは、わたしたちが生活する社会の「法」の中で法律よりはるかに数が多く、実用的で融通が聴くものであると遠藤直哉先生は提唱します。

また、遠藤直哉先生曰は「これ(ソフトロー)を積極的に利用すれば、本当の意味でわたしたちの生活をさらに生きやすくしてくれる力を持つものなのです。」ともおっしゃってます。
しかし、同著書で遠藤直哉先生は「いままではまだソフトローをつかえているとは言えない
ともおっしゃっております。

これはどういうことなのでしょう?
次回はソフトローをつかえているとはどういう状態なのか読み進んでいきたいと思います。

遠藤直哉 医療| 遠藤直哉氏の唱える新しい法運用

前回は遠藤直哉先生の著書「ソフトローによる医療改革」より我々の目指すべき法システムの理想型について紹介いたしました。今回は、この理想型を目指すには何をしたらいいのか遠藤直哉先生の同著書より考えていきたいと思います。
その前に、遠藤直哉先生の言葉より一つ踏まえておくことがあります。(以下引用文です)
わたしたちは、日常で漠然と「法」という言葉を使ってはいますが、じつのところ「法」は二種類あります。第一に国会の議決によって制定される「憲法」「法律」、行政機関が決める法令、省令、地方議会の定める条例等です。
このような法律、政令、条例などをハードロー”hard law=堅い法”といいます。
そして第二に、ソフトロー”soft law=柔らかな法、柔軟な法”です。


長くなるので、次回に続きます。
遠藤直哉先生の言葉に出てきたソフトローについて見解を深め、そこで初めて我々のするべきことを明かしていきます。お楽しみにどうぞ。

遠藤直哉 医療| 遠藤直哉氏の唱える新しい法運用

前回、遠藤直哉先生の著書から引用した4段階からなる法システムについて今回も紹介させて頂きます。
遠藤直哉先生は「社会秩序を維持すると称して、社会改革をしようとする者を、つまり、目立つ者を「みせしめ」「生贄」として刑事罰にさらすということが往来行われてきた後進国家並の国家の旧システム」を切り捨て、この「4段階からなる法システム」の構築が必要だと考えているのです。

今後の法が遠藤直哉先生の完全オリジナルである法システムの理想型になるためには、私たちは何をするべきなのでしょう。
次回、それを踏まえて遠藤直哉先生の著書より引き続き引用して参りたいと思います。
プロフィール

yellowduck1

Author:yellowduck1
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。